印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

暮らしの工房

ゆるやかな時間が流れる家

上越市 Mさんの場合

土地探しからはじまった信頼関係

以前アパート暮らしだったMさんは、住宅展示場にも足を運ぶなどしながら、新居の計画を立てていました。そんな時に出会ったのが暮らしの工房でした。土地探しに協力する中での様子から、「ここは信頼できる」と確信し、家づくりを託すことにしました。どうせ建てるなら、自然素材を使った木の家がいいと思っていたMさん。忙しい日常で、家づくりに気持ちが向かない時期があったなか、暮らしの工房からある土地を紹介されました。「BBQなどが気兼ねなくできて、景色がいいところに住みたかったんです」という願いを叶えるにふさわしい土地と出会ったことで、家づくりが急速に進むこととなりました。

プロとしての提案をしてくれていることがひしひしと伝わってきた

そうしてできあがったMさんの家はすっきりとした設えで、いい家のセオリーに基づき、天井高も低く照明の数も限られています。「図面で寸法を見てもイメージしにくく、『低くないのかな』とか、正直不安だなというところはありましたが、丁寧に説明してもらって納得できました。」とMさん。実際に住んでみても、そのあたりは特に気にならず、かえって落ち着くといいます。「プロの視点として、住みやすい家を提案してくれていることは伝わってきました。そこを自分たちの感覚とすりあわせていったことで、納得のいく理想の住まいになったと思います。このやりとりは貴重な時間でした。」

何気ない日常が愉しめる家

まだ住んで半年ですが、夏は、風がとてもよく抜け、エアコンは使わずに済んだことに驚かれた様子。冬も薪ストーブのやさしい暖かさに包まれて、心地よく過ごすことができるといいます。「夜の雰囲気が好きなんです。少なく照明のなかでぼんやり過ごすのが。薪ストーブの炎をみたり、テラスで寝転がって星をみたり…。時間がゆっくり流れている気分に浸れます」とMさん。テレビを見なくなり、ご夫婦の会話が増えたのだとか。「天気のいい日はテラスでお茶を飲んだり本を読んだり、アパート暮らしではあり得なかった、なにげないことが愉しめる家です。」そう話すMさんご夫婦にとって、心地よい居場所がそこかしこにちりばめられたこの家は、最高に贅沢な時間を提供してくれる住まいになったようです。


取材:いい家づくりレポート 塚本浩史

DSC05075.JPG景色のいいソトを眺めながら
DSC05179.jpgそこかしこに居場所がある家
DSC05120.jpg薪ストーブのある暮らしを愉しむ
DSC05202.jpg自然と微笑がこぼれます


クリックすると拡大します。


supa-su-.jpgビジョンビジョン
supa-su-.jpg5つの約束5つの約束
supa-su-.jpgやらない宣言やらない宣言


supa-su-.jpgイベント・完成見学会イベント・完成見学会


自然素材リフォーム自然素材リフォーム
supa-su-.jpgひとつ屋根の2世帯住宅ひとつ屋根の2世帯住宅
supa-su-.jpg雑木にひらく住まい雑木にひらく住まい
supa-su-.jpgソトとナカをつなぐ住まいソトとナカをつなぐ住まい
supa-su-.jpg稜線を望む住まい稜線を望む住まい
supa-su-.jpgつながる住まいつながる住まい
supa-su-.jpgゆっくり暮らす家ゆっくり暮らす家
supa-su-.jpgのびやかに暮らす家のびやかに暮らす家
supa-su-.jpg心地よい、居場所のある家心地よい、居場所のある家
自然素材リフォーム自然素材リフォーム
supa-su-.jpgつなげあう高原の住まいつなげあう高原の住まい
supa-su-.jpgゆっくり暮らす家ゆっくり暮らす家


supa-su-.jpg住まいに合わせる住まい方住まいに合わせる住まい方
supa-su-.jpgこれからの「普通」な家これからの「普通」な家
supa-su-.jpgこれからの「普通」な家これからの「普通」な家


supa-su-.jpg会社概要会社概要
supa-su-.jpg家づくりの流れ家づくりの流れ


supa-su-.jpg